民族衣装を楽しむための定期市情報(中国・広西チワン族自治区編)

民族衣装を楽しむための定期市情報

(中国・広西チワン族自治区編)

 少数民族の民族衣装を見るには、彼女達が集まる定期市を訪れるのが良いでしょう。 何時、何処で定期市が開かれるのか、現地に赴き確認しました。
 オススメは南丹縣の里湖ヤオ族郷と隆林各族自治縣の徳峨郷です。 また、花ミャオ族の伝統的な衣装が見られる南丹縣の中堡ミャオ族郷も必見です。
 時間に余裕のある方は、是非1度訪れてみてください。

*開催日で農暦の但し書きがないものは、西暦となっています。


地域 地名
オススメ度
開催日 民族衣装画像(ポインターを置くと民族名を表示します)
コメント、行き方
三江トン族自治縣 林溪郷(LINXI)
☆☆☆
6日に1回。農暦の丑(ウシ)と未(ヒツジ)の日。 トン族
トン族が殆どを占める定期市。簡略された民族衣装が多い。
三江の古いバスターミナルから林溪行きバスあり(1時間位)。途中に風雨橋で有名な程陽がある。
同楽ミャオ族郷(TONGLE)
6日に1回。未確認。 トン族
私が訪れた時はトン族が殆どで、極僅かにミャオ族が見れた程度。トン族の服装は林溪よりも本来の物に近い感じ。
三江の古いバスターミナルからバスあり(1時間半位、8元)。
富禄ミャオ族郷、梅林郷(トン族)も良いという話を三江で聞いたが、未確認。
融水ミャオ族自治縣 杆洞郷(GANDONG)
☆☆
10日に3回。1、4、7、11、14、17、21、24、27の日。 ミャオ族
ミャオ族。市の規模小さい。
融水から未舗装道を杆洞行きバスで約6時間(20元)。山奥。
同練ヤオ族郷(TONGLIAN)
10日に3回。2、5、8、12、15、18、22、25、28の日。 ヤオ族とミャオ族
ヤオ族が周辺に住むが、頭に黒い布を巻く位で民族衣装は着ていない。ミャオ族が少数。市の規模小さい。
融水から未舗装道を同練行きバスで約4時間(15元)。
滾見トン族郷は10日に3回(3、6、9の付く日)。トン族とミャオ族。通り過ぎただけなので詳細不明。
南丹縣 南丹(NANDAN)
☆☆☆
10日に3回。1、4、7、11、14、17、21、24、27の日。 白裾ヤオ族
白裾ヤオ族が周辺から来る。普段の日でも市場付近へ行けば民族衣装は見られる。
里湖ヤオ族郷(LIHU)
☆☆☆☆☆
オススメ
10日に3回。3、6、9、13、16、19、23、26、29の日。 白裾ヤオ族
白裾ヤオ族が大半。男性も女性も民族衣装を着ている(民族衣装着用率がかなり高い)。
南丹から里湖行きバスで約1時間(5元)。          
月里鎮(YUELI)
☆☆
10日に3回。2、5、8、12、15、18、22、25、28の日。 チワン族
チワン族が多い。ただし、民族衣装はシンプル。
南丹から月里or中堡行きバスで約3時間(12元)。
中堡ミャオ族郷(ZHONGBAO)
☆☆☆☆
10日に3回。1、4、7、11、14、17、21、24、27の日。 花ミャオ族花ミャオ族
市の規模は小さいが花ミャオ族の昔ながらの民族衣装が見られる(ただし老女)。
南丹からバスで約5時間(20元位)。月里からバスで2時間。途中の景色美しい。
八圩ヤオ族郷にも白裾ヤオ族が多数住んでいる。
田林縣 潞城ヤオ族郷(LUCHENG)
☆☆☆
5日に1回。3、8、13、18、23、28の日。 ランテンヤオ族偏ミャオ族
民族衣装はランテンヤオ族と偏ミャオ族が少々。中規模の市。
田林から乗り合いワゴンで約30分(3元)。国道324号沿いでアクセス良し。
利周ヤオ族郷(LIZHOU)
☆☆☆
5日に1回。4、9、14、19、24、29の日。 ランテンヤオ族盤ヤオ族
ランテンヤオ族と盤ヤオ族の姿が見られる。利周の方が潞城よりも民族衣装を着ている割合が高い。
田林から乗り合いワゴンで約40分(5元)。
八桂ヤオ族郷(1と6の付く日)、八渡ヤオ族郷(不明)、福達ヤオ族郷(5と0の付く日)でも民族衣装を見られるらしいが、未確認。田林具には、ヤオ族の4支族が住んでいるというが、私が確認したのはランテンヤオ族と盤ヤオ族の2支族。
隆林各族自治縣 新街(XINGAI)
☆☆
6日に1回。農暦の子(ネズミ)と午(ウマ)の日。 偏ミャオ族
偏ミャオ族の他、チワン族、栽姜ミャオ族(ZAI JIANG)、白ミャオ族、紅頭ミャオ族、が少々。小規模の市。
同日開催に龍灘、那紹があるが未訪問。龍灘が最も良いと推測する。 隆林の老汽車站から、蛇場or龍灘行きバスで約1時間強(10元位)。
克長(KECHANG)
☆☆☆
6日に1回。農暦の丑(ウシ)と羊(ヒツジ)の日。 白ミャオ族チワン族
偏ミャオ族、チワン族の他に白ミャオ族が少々。中規模の市。
隆林の老汽車站から、克長or岩茶行きバスで約1時間半(10元)。
徳峨(DEE)
☆☆☆☆☆
オススメ
6日に1回。農暦の寅(トラ)と申(サル)の日。 紅頭ミャオ族白ミャオ族
偏ミャオ族が圧倒的だが、チワン族、紅頭ミャオ族、花ミャオ族、白ミャオ族、栽姜ミャオ族(ZAI JIANG)も集まる。清水ミャオ族も来ていると推測するが、他の所と同様、民族衣装は見たことがない。迫力の大定期市。
隆林の老汽車站から徳峨or西林or金鍾山or蛇場or岩茶or龍灘行きバスで約1時間(7元)。
長髪郷
未訪問のため不明
6日に1回。農暦の卯(ウサギ)と酉(トリ)の日。 未訪問のため画像なし
聞いたところでは、偏ミャオ族、チワン族。
隆林の老汽車站から長髪行きバスで約1時間強(10元位)。
蛇場郷(SHECHANG)
☆☆☆☆
オススメ
6日に1回。農暦の辰(タツ)と戌(イヌ)の日。 白ミャオ族栽姜ミャオ族
偏ミャオ族、チワン族、栽姜ミャオ族(ZAI JIANG)、紅頭ミャオ族、白ミャオ族が集まる。中規模マーケットだが、密集度が高く、活気のある市。同日開催に常麼郷、岩茶郷があるが、蛇場郷がベスト。
隆林の老汽車站から蛇場or岩茶or龍灘行きバスで約1時間半(11元)。
猪場郷(ZHUCHANG)
☆☆☆
6日に1回。農暦の巳(ヘビ)と亥(イノシシ)の日。 花ミャオ族紅頭ミャオ族
偏ミャオ族の他、チワン族、紅頭ミャオ族、花ミャオ族が集まる。小~中規模の市。
隆林の老汽車站から金鍾山or西林行きバスで約1時間強(8元)。
隆林具の山間部にはミャオ族が多く住んでいる。隆林具にはミャオ族のうち6支族が住む。中でも偏ミャオ族が圧倒的に多い。偏ミャオ族の他には紅頭ミャオ族、白ミャオ族、花ミャオ族、栽姜ミャオ族(ZAI JIANG)、清水ミャオ族(現在は通常民族衣装を着ていないのではないかと推測)が住む。栽姜ミャオ族(ZAI JIANG)は中国でもこの地域だけではないだろうか。
西林縣 西林(XILIN)
☆☆
3日に1回。 チワン族偏ミャオ族
規模は大きいが、民族衣装を着ている人はそう多くない。偏ミャオ族の他、チワン族、ランテンヤオ族。
常設の市場周辺に集まってくる。
八大河(BADAHE)
☆☆
毎週金曜日。 チワン族?チワン族?
雲南省の羅平具と接する(橋で結ばれている)小規模の市。チワン族(あるいはプイ族)の他、ミャオ族が少し。西林から八大河行きまたは羅平具行きバスで2時間半(15~20元)。
那坡縣 那坡(NAPO)
3日に1回。 黒チワン族白イ族
チワン族が多い。極稀に黒チワン族、ランテンヤオ族、白イ族が来る。
那坡周辺には黒チワン族の呑力(TUNLI)、白イ族の達臘(DALA)がある。乗りあい三輪車で3~5元。
百省郷(BAIXING)
☆☆☆
5日に1回。農暦の1と6の付く日 紅イ族
小規模の市だが、チワン族の他、白ミャオ族が少数と、紅イ族が極少数集まる(私が訪れた時は、紅イ族の民族衣装を来た老女が1人、ベトナムから来たヤオ族の女性が1人 。
那坡からは百省行きバスで約2時間(10元)。
下華郷(XIAHUA)
☆☆☆
5日に1回。農暦の2と7の付く日。 大板ヤオ族ランテンヤオ族
チワン族の他、大板ヤオ族とランテンヤオ族が少数集まる。大板ヤオ族の衣装が美しい。
那坡からは百省行きバスで約1時間半強( 8元)。

 訪れる前にバスドライバーに定期市の開催日を確認されることをお勧めします。ちなみに、定期市は中国語で集市(JISHI)、街天(雲南方言でGAITIAN)と呼びます。  人民政府各縣の工商局(GONGSHANGJIU)で確認するのが良いでしょう。あるいは各縣旅遊局や公安局でも場合によっては情報を把握しています。確認する時は、以下の例文をご参考ください。

  <日本語> 今日は○○で定期市がありますか?
  <中国語> 今天在○○有没有集市?(○○は地方名) Jin tian zai ○○ you mei you jishi?

  <日本語> この地方の定期市スケジュールはどのようになっていますか?
  <中国語> 這个地方逢集怎麼安排的?  Zhe ge difang feng ji zenme anpai de?

 あなたが訪れた定期市の情報、及び上記情報の誤りについては掲示板への書き込み、もしくは管理人宛メールをいただけると幸いです。


○Artur-Hiroto Rodzinski's WebSite○
会社を辞めて旅に出た

Home へ




100MBz[y[W ˆT[o|bvClick Here!